ソニー・デ・ソニー

イタリアン
心斎橋のお洒落なリストランテ

郷ひろみプロデュースの素敵なお店でイタリアン

お店は何処に

大阪メトロ御堂筋線の心斎橋駅から徒歩5分(400m)程度でしょうか。
周防町の交差点を東に向いて1つ目の信号の所にファミマが見えれば南に折れて少し行くと右手にSOGNI di SOGNIと大きな看板が見えて来ます。

お店の外観

SOGNI di SOGNI
Since 1997.
オレンジの外壁に店名が書いてあります。
ディスプレイに美味しそうな料理が次々と映し出されます。
店前で待ち合わせをしたので見入ってしまいました。(笑)
美味しい料理を想像してしまいテンションが上っちゃいました。

店内

店内はモノトーンでまとまられており高級感漂うお洒落な雰囲気になっています。
郷ひろみプロデュースらしいですよ。
入口からはL字型の大きなカウンター席が見えます。

店内の奥から入口方面を撮っています。
カウンター席が長いですよね。
大人な雰囲気です。

カウンター席の後ろ側のテーブル席です。
照明もお洒落ですよね。

個室もあります。
気を使わずにゆったりと心置きなく食事が出来そうです。

ワインボトルとグラスが並んでいます。
実は地下に大量のワインを保管しているそうですよ。

メニュー

今月のコースメニューとなっています。
他のメニューは沢山あるので食べログの方にアップしています。
気になる方は食べログの私のページをどうぞ。
最後にリンクのページを貼っていますので。

本日のご馳走達の数々

今日はどんなご馳走が出てくるんでしょうね。
本当に楽しみです。

シャンパーニュ

まずはシャンパーニュからのスタートです。
BARON ALBERTです。
黄金に輝き、きめ細かい泡立ちがいい感じです。
心地よいフルーツ味のシャンパーニュです。
では、では、今日も元気に乾杯~。
飲みやすくって喉越しもgoodですね。
どんな料理が出てくるのか今日も楽しみです。

お店からの一品

お店からの一品です。
今回は、さつまいもを使ったスープです。
エスプーマを使ってふんわりした食感に仕上がっています。
中には鶏のつみれが入っていました。
お腹に優しいふんわりとした食感と味わいでしたよ。
そろそろエンジンが掛かって来ました。
さ~あ、次は何でしょう。

マハタ

マハタを使ったカルパッチョ料理です。
マハタってあんまり聞かないですよね。
スーパーや鮮魚店、居酒屋さんでは中々出てきません。
なぜなら高級魚だからなんですよね。
ズッキーニでシートを作ってスライスし、生ハムを乗っけてマハタを置いてクルクルって巻いて渦状にしています。
真ん中にはライムの泡を配置しています。

山葵の風味を効かせたイクラにオリーブオイル、そしてその上にキャビアを盛付けしています。
マハタもイタリアンになるとこんな感じになるんですね。
マハタ、キャビア、イクラの三重奏がたまりません。
これは白ワインが飲みたくなりますね~。

白ワイン(イタリア)

と言う事でドリンクは白ワインにしました。
Trebbiano d’Abruzzo Aldiano Cantina Tollo 2017です。
イタリア最優秀カンティーナ・トロが製造しているトレッビアーノです。
上品でふくよかな果実味が魚料理と良く合います。

豚ホホ

豚ホホ肉のマルサラワイン煮込みです。
豚肉は 淡路産のえびすもち豚というブランド豚を使っています。
この豚肉をシチリアのマルサラワインで炊き上げています。
そして、炊き上げた汁を肉の真ん中に掛けているそうです。
マルサラワインってティラミスで使われているので有名なんですが、このような料理にも使われているんですよね。

マルサラワインで炊き上げた卵の物の上にスポイドが刺さっています。
スポイドにはトリフオイルが入っているんですよ。
食べる前に料理に掛けるとトリフの香りがお皿一杯に広がるんですよ。
手前の料理がポレンタです。
イタリア料理の突き合わせのような物でトウモロコシの粉から作っています。
まずはトリフオイルを掛けてっと。
豚ホホ肉が柔らかくって濃厚なお味になっています。
トリフオイルもいい仕事していますね。

赤ワイン(フランス)

ch.de Valcombe prestige Rouge Valcombe 2016です。
濃い紫色をした赤ワインです。
柔らかな口当たりだけどバランスが取れた高級感あるワインで余韻も良しかな。

文甲(モンコウイカ)

魚介料理です。
文甲イカとひよこ豆をトマト煮込みにしています。
魚の出汁を最後に掛けてくれました。
お茶漬け風にして食べちゃおう作戦です。
ロックチャイルドと言うネギの一種が乗っています。
これ、ちょっとだけ大蒜の味がするんですよね。

黒米のおこげのリゾットが下に入っていました。
魚介の風味が効いています。
もちっとした食感が心地良いですね。
お茶漬け風がいい感じです。
ひよこ豆と一緒に食べてもバッチリでしたよ。

カリフラワー

カリフラワーの登場です。
下が白色のカリフラワーをパンナコッタにして敷いてあり、上が紫色のカリフラワーとなっています。
そして、鶏の出汁のジュレが掛かっています。

食べてみると面白い食感とお味でしたね。
説明を聞いていないと何だこれ?ってなっていたかも知れませんね。
相変わらず楽しませてくれます。

白ワイン(チリ)

Kine Vina EL Principal 2018
チリワインの最高傑作と評判が高いんですよ。
D.O. MAIPO ANDES VALLEY
マイポ アンデス バレーはチリのワインの発祥の地でもあるんですよ。
落ち着いた しっかりとした味わいで料理の美味しさを引き立てていました。

フォアグラ

フォアグラです。
これ、大好物なんですね。
どんな風に仕上がっているのか楽しみです。

中を開けると大きなフォアグラが出てきました。
世界の三大珍味の中ならフォアグラが一番好きなんですよね。
ソースと生の黒胡椒の塩漬けと一緒に食べて、今回も堪能していただきましたよ。
美味しかった~。

パン

定番の美味しいパンが出て来ました。
今回は小松菜とイチジクを練り込んだパンです。
ステック状の方はアオサノリと藻塩を使っパンになっています。
オリーブオイルで楽しみましたよ。
何個でも食べれちゃいそうです。

甘鯛

今度は甘鯛を使った魚料理の登場です。
真ん中のソースはカレークリームソースとなっています。
手前のパウダー状の物は 浅葱(アサツキ)です。
少し辛味があって薬味にちょうどいい感じです。

甘鯛はカリッと仕上げています。
下に敷いているのは赤キャベツを蒸した物です。
そのままで食べたり、カレーのクリームソースで食べたり、 浅葱(アサツキ) で食べたりと味の変化を楽しんで美味しくいただきました。

黒毛和牛A5

黒毛和牛の料理の登場です。
仙台産の黒毛和牛A5 モモ肉のマル(シンタマ)という部位になります。
モモ肉の中では最強に美味しい部位で柔らかくって味が濃厚なんですよ。
ローストしたモモ肉に白ワインを絡ませて味付けしています。
深みがありコクがあるA5ランクのお肉はたまりませんね。
まろやかで口の中が至福で充満しちゃいましたよ。
付け合せの人参、セロリ、蕪、玉葱を少し蒸した物と一緒に食べて楽しみました。

赤ワイン(カリフォルニア)

赤ワインにチェンジです。
Seabiscuit Ranch Super fecta Meritageです。
お馬ちゃんのデザインになっていますね。
芳醇なフルーツの香りがたまりません。
プレミアムなワインに心惹かれました。
再度飲みたい一品ですね。

タリオリーニ

オマール海老とポルチーニ茸のペペロンチーノです。
麺にバジルを練り込んでいるタリオリーニとなっています。
上に乗っている緑の葉っぱがマイクロ春菊です。
本当だマイクロですね。(笑)
手前のツブツブはセロリのパウダーとなっています。
ポルチーニ茸、大好きなんですよね。
風味がいいんですよ~。
もっちもっちのバジル味のタリオリーニも美味しかったですよ。

ソルベット

最初のデザートの登場です。
巨峰のソルベットとパンナコッタです。
巨峰のピューレを液体窒素で仕上げていきます。
ジャスミンティのパンナコッタが下に敷いてあります。
冷たくっていい感じで胃の中が心地よい美味しさに包まれました。
すっきりとしましたね。

洋梨

デザートの2品目です。
ジェラートの方がカフェラッテのジュレです。
最後にコーヒーのジュレを掛けてくれましたよ。
食べる頃にはいい感じに固まってきました。
鼻から抜ける コーヒーの風味がいい感じです。
洋梨もgoodでしたよ。

プティフール・エスプレッソ

いよいよ〆です。
ドリンクはエスプレッソにしました。
マカロンを頬張りながら美味しかった食事の余韻に浸りましたよ。
〆のエスプレッソも最高です。

おわりに

ふ~っ、今回も大満足のディナーとなりました。
よく食べて、よく飲みました。
お腹パンパンですよ。
どの料理も美味しかったですね。
月替りのコース料理となっています。
また違う月に食べに来ないとね。

食べログ

口コミ:ソーニ・ディ・ソーニ(心斎橋、長堀橋、大阪難波) | kazuchiのレストランガイド [食べログ]
食べログレビュアー kazuchiさんが投稿したソーニ・ディ・ソーニ(大阪/心斎橋)の口コミ・評価詳細です。